So-net無料ブログ作成

WiRES-Xをはじめるなら (17年10月加筆修正) [WiRES]

WiRES-Xでは、アナログ波、デジタル波(C4FM)共に運用可能なのでFBですね。

まず、HRI-200を入手し、手持ちのアナログ機器で運用をはじめ、後に資金に余裕ができたときにデジタルに変えていくというのも選択肢です。


私のアナログ運用時には次のような機器設定でした。
・ノード局:FT-817ND+HRI-200+ノートPCの構成で
      WiRES-Xアナログノード局を開始。
・アクセス機:DTMFの送出可能なハンディやモービル機 を使用していました。

初期のデジタルの運用時の設定
・ノード機:FT-400M+HRI-200+デスクトップPCでデジタルノード局運用
・アクセス機:FT1Dデジタルハンディ

ジタルになって運用がとても楽になりましたね。 
1.音声が聞き取りやすいし、WiRES-Xソフトに音量のデフォルト設定があり、
  以前よりも音量設定が簡単になりました。

2.アクセス機をノードの周波数に合わせて、Xを押せば目的ノードの各種設定を 
  読み込んでくれます。
  デジタルだとDTMF送出が不要になり、アクセスが簡単です。

同じVOIP利用のD-starとの一番の違いは、
    
HF帯で行うようなラウンドQSOが可能なことです。 

等々その他の機能も沢山ありますがまだまだ使いこなせていません。
限りなく携帯電話の機能に近いことができるようになっているなと感じております。ハイ!

PC上では、Room inされたメンバー限定ですが、チャットもできて便利に活用させていただいてます。 

現在のWiRESデジタルシステム
・ノード機:FTM-100H(ナローFM・10W)+HRI-200+デスクトップPC
      もちろんデジタルノード局です。

・アクセス機:FTM-400DH(自宅)FT2D(モービル時や散歩時) 

と云う構成になっています。

しかし、ファームアップのやりにくさは何とかならないものかなぁ。。デス、ハイ! 

M2リグ.jpg

Mアンテナ.jpg
上記モービルのリグ(FT2D)とホイップアンテナです。

是非、あなたもWiRESのお仲間になりませんか? RoomでラウンドQSOをしましょう。

ご覧いただき、ありがとうございました。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HFのコンディション最悪ですね。 [雑感]

熊本で大きな地震があった頃からHFのコンディションが落ち込んでしまったようです。

な~んにも聞こえてこない日々が続き、たまに聞こえても短時間しか開きません。

ローパワー局にとっては、相手が聞こえていても、カスカスの電波では相手の局に迷惑をかけるのではないか、と気を遣ってしまいます。

最近のリグはバンドスコープがついていて、一目でバンドの状態がわかるようになったものですから、スコープが元気よく立っていないとオンエアしない方もおられるのかなぁ、とも思ったりします。
バンドスコープの状態に拘わらず、是非オンエアしていただければありがたいと思います。

なんせ、お相手がいなければQSOって成立しませんからね。

私のリグにもバンドスコープを見ることのできる機器を用意してありますが、最近はダイヤルぐるぐる回して、ワッチしてバンドの状態を把握するようにしています。

まあ、HFのコンディションの回復をねがって、今日もダイヤルくるくるです。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー